2012/12/02

フェルマーの最終定理


サイモン・シン 著
青木薫 訳

Amazon.co.jpで詳細を見る


この「フェルマーの最終定理」に関しては
数年前に購入してから7、8回は読み返しています。

あまり本を読んでこなかった自分にとっては
この読み返し回数は、漫画を除いては、大事件なんです。
これを機に読書の習慣が付いたと言っても良いくらいで。。

内容はタイトル通り。
数学史上の大問題でもあったフェルマーの最終予想が
いかにして生まれ、いかに解決されるに至ったかを
本当にドラマチックに読ませてくれます。

難しい数式とかが出てくるわけじゃなく
この問題に関わった人たちの人間ドラマが中心なので
数学好きじゃない人も楽しく読める、とは思います。
もちろん「フェルマーの最終定理」という言葉を知っている人
なにより数学好きの人は間違いなく読むべき本です。。

もし高校時代にこの本に出会っていたら
建築学科では数学科に行ってたかもしれないな。。