2013/06/15

Jon Brion / Meaningless (2000)


Produced by Jon Brion, Ethan Jones
Engineered by Jon Brion, Ethan Jones, Greg Colins, etc.
Mixed by Jon Brion, Greg Colins
Mastered by Eddy Schreyer

Guest Player : Jim Keltner、Benmont Tench、Greg Liesz, etc.

Amazon.co.jpで詳細を見る


プロデュース業、ゲストプレイヤーとしてのレコーディング参加など
数々の仕事をこなし続けるJon Brion。
そのジャンルもPop、Rockはもちろんのこと
Jazz、Hip Hop、映画音楽と多岐にわたります。
もはやアメリカの音楽界には無くてはならない存在であることは間違いありません。。

そんなJonの今のところ唯一のソロアルバムが本作。
The Beatlesのホワイトアルバムを思わせるシンプルなジャケットデザインそのままに
クセの無い楽曲とJon Brion本人による透き通った声がすごく良いです。
ポイントを押さえたアレンジは押すところと引くところのバランスが絶妙で
耳にスッと入ってくる珠玉のポップミュージックで溢れてます。

最後に収録されている曲 "Voices" はCheap Trickのカバー。
これが原曲のドラマチック感をさらに増幅させたような大曲に仕上がってて涙。。

ソロ2作目、熱望。。