2015/03/14

100年の難問はなぜ解けたのか


春日真人 著
Amazon.co.jpで詳細を見る → 文庫版 / Kindle版


副題は「天才数学者の光と影」。
NHKスペシャルで放送された番組を書籍化したもの。
数学の世界で超難問と言われたポアンカレ予想の
問題提起から解決までの物語です。。

とにかくポアンカレ予想の詳細なんてよく分からないし
トポロジーとか言われてもちょっと難しいですが
この難問が解けると宇宙の形が分かるようになるなんて
宇宙の端でさえどうなっているのか想像もできないのに
それだけで興味がそそられます。

題名にもある通り100年以上に渡って未解決だったこの難問を
他の数学者とは全く違ったアプローチで解いてしまったペレリマン。
常識とか定石にこだわらない発想が出来たからこその解決だったんですね。

そのペレリマンは数学界のノーベル賞と言われるフィールズ賞を辞退。
さらには賞金の100万ドルさえも貰わずに隠居生活を送っているようで。
本人にとっては栄誉や賞金よりも問題が解けた事の方が重要なのかも。
でもどういう人物なのか知りたいのが正直なところです。

またしても数学の世界に魅了された一冊。。