2015/06/20

Josh Rouse / Country Mouse, City House (2007)


Produced by Josh Rouse, Paco Loco, Joe Pisapia
Recorded by Josh Rouse, Paco Loco, Joe Pisapia
Mixed by Joe Pisapia, Josh Rouse
Mastered by Jim Demain

Marc Pisapia (Dr), Brad Jones (Piano, Fender Rhodes)
Gary Louris (Backing Vocal), etc.

Official Web Site / YouTube Channel
Amazon.co.jpで詳細を見る


Josh Rouse7枚目のアルバム。
何と言っても1曲目 "Sweetie" が全てを物語っています。
イントロからして既にノスタルジー溢れるアレンジですが
楽曲の後半に進むに連れて
静かにそれでいてグイグイ引っ張っていくような
"ゆるいグルーヴ" が堪らなく心地良いです。

Mark Pisapiaによるシンプルなドラムがしっかりとリズムをキープし
その上をJames Haggertyによるベースが自由に動き回る。
この2人のプレイは特筆すべきものだと思います。

哀愁を帯びたソングライティング。
リラックスモード全開の囁くようなボーカル。
ゆるいグルーヴ。
そしてスペインの地に影響を受けた温かみのあるサウンド。
全てをキチンと消化し見事に融合してみせたこのアルバムは
個人的には今のところJosh Rouseの最高傑作だと思います。

愛しさと切なさに溢れた一枚。。