2015/08/09

剣山

天候:晴れ
コース:見の越(P)→剱神社→西島→刀掛→剣山頂上ヒュッテ→剣山頂上
          →次郎笈峠→次郎笈(昼食)→次郎笈峠→大剱神社→西島→剱神社→見の越(P)


久しぶりの山登りは初の百名山となる四国は徳島の剣山へ。
そもそも四国も人生で初上陸でした。



頂上が標高1955mとは言いながらも見の越の駐車場で既に1457mほどあり
さらにそこからリフトで1700mまで上がる事が出来ます。
さすがにそれでは味気無いのでリフトは使いませんでしたが
それでも頂上までは登山道も整備されていてそれほど苦労しません。



朝イチで登ったんですが頂上はガスっていたので
景色はそれほど良くなかったのが残念でした。



そこから次郎笈へ。
剣山頂上から次郎笈へ至る峠は一気に下って一気に登る道でかなりキツかったです。
こちらからの景色は少しガスが晴れてくれました。



そんなこんなで登山自体は十分楽しめた訳ですが
大変だったのは登山そのものよりもむしろそこに至るまでの道のり。
高速の美馬ICで降りてそこからひたすら438号線を走るわけですが・・・

車が1台ギリギリ通れるくらいの道幅に両サイドが民家もしくは崖。
おまけにグネグネと曲がりくねった登り道を1時間以上ひたすら走って行きます。
一番の難関は見の越の駐車場まで辿り着く事かもしれません。
大きな車は極力避けた方が無難です。。

景色は残念でしたが百名山というだけあって自然の壮大さを満喫出来ました。。