2016/11/07

Push Kings / Push Kings (1997)


Produced by Eric Masunaga, The Push Kings
Engineered by Eric Masunaga
Mixed by Eric Masunaga
Mastered by Peter Moore


個人的にはアメリカ人がビートルズの曲を演奏すれば
どうやったってパワーポップになるとずっと思っているんですが
このプッシュ・キングスの1stアルバムはまさにそんな感じ。
メジャーデビュー作とは言え
程よくインディ感が残っている音作りも好印象。
若干ミドルテンポの曲が多いので
もっとアップテンポの曲が聴きたかったかなとは思いますが
それでもこのアルバム一番のハイライトは
ミドルテンポの名曲 "Number Ones" なんですけどね。。

中心人物のCarrick Moore Geretyは後に
エヴリバディ・エルスやキャリックなどで活動していますが
そこではもう一段ギアを上げたような楽曲の数々が聴けます。

パワーポップやギターポップのお手本のような一枚。。